くもうたのブログ

ご訪問ありがとうございます!
休日などに出かけた際の旅日記メインとなります。
更新は不定期となりますが、よろしくお願いします。

2017年GW2日目~陸路もいいけど海路もね

4月30日(日)
天気は快晴。
こんな日は絶好の旅日和です。


さて、そんな訳で朝も早々から西へと向かいバイクに乗り走り始めます。



京都から2時間ほど走り続けてたどり着いたのは和歌山県の加太港。


ここからは、"ラピュタの島"として有名な友ヶ島へ渡るフェリーが出ています。


到着したのは8時前。
昨日ネットで確認した際は、始発は9時からと書いてあったのでしばらく港でもぶらついていようかーと思っていたところ・・・。


連休中は特別ダイヤで運行されていて、8時頃から始発が出るとのこと!


慌てて乗船準備をして船に飛び乗ったのでした。
始発だというのに船内は満員状態・・・。
有名スポットはすごいですね。


漂っているクラゲがはっきりと見えるほどきれいに澄んでいます。


見渡す限りマリンブルーの海とクラゲ・・・
海水浴シーズン前だというのにクラゲだらけでした。


船に揺られること20分。
いよいよ友ヶ島に到着!

お昼ごろには本土に戻らないといけないため、砲台の位置を確認しつつ散策を開始します。
ここ友ヶ島で一番有名なスポットはここ第3砲台です。
テレビやブログやらで紹介されつくしている感があります。

砲台の近くにはいたるところに地下へと続く階段があり・・・。




内部を探索できるようになっています。


戦時中に作られたものです。
当然のことながら"照明"などという文明の利器はないので懐中電灯必須です。
足元に石やがれきがあることもあるので、携帯だとちょいと足元が危ないかも・・・。
ただ、基本一本道なので迷うことを気にしないで探索できるので気軽に挑戦出来ます。
地下道の謎の空間があったりとちょっとした冒険気分を味わえるので訪れた際はぜひ!


ちなみに、加太港のフェリー乗船券売り場でも懐中電灯が販売されていますので忘れた方はそちらで購入ができます。
個人的には、探照灯跡と・・・。

旧海軍聴音所跡・・・。

ここの廃墟具合がいい感じだと思うのですけど、知られていないのか人が来ないようで残念・・・。
また来てみたいものですが、風化が激しいため所々立ち入り禁止になっているところが多いです。
"第2砲台は崩落の恐れがあるので立入禁止"になっていましたし・・・。
保護するにもしきれないところがあるので仕方がないのでしょうけどね。



さて、島などは基本的に周回通路となっているため同じ人とよく合うことが多いです。
(それが嫌で人の少ない朝一番に来たのですけど・・・)
そんな中、"鉢合わせると一定の距離を置いて待っている"
そんな変わった一風変わった集団と遭遇。
のんびり写真を撮っていたり、時が止まったかのような絶景にしばしの間黄昏、移動しようとすると彼らは待っている!
と・・・落ち着かない状況にやり過ごし様子をうかがってみると。
髪の色は金髪、青いドレスを着て手には背の丈ほどの長さの棒状の物を持ち・・・。
思い思いのポーズを取り写真を撮影会が始まる・・・。


・・・コスプレイヤー御一行様でした。

後になって調べてみると、友ヶ島はコスプレの聖地と呼ばれているそうで・・・。
時折イベントも開催されている有名スポットなんですね。


そんなわけで、島を一周して野奈浦桟橋に到着。

加太港に戻ると時間は1時を回ったころ。
大阪に3時頃たどり着けばいいなーとのんびりと大阪方面と案内看板のあった国道26号線"第二阪和国道"を上ります。
がー。
この道路つい最近開通したばかりらしくバイクナビが役に立たない状態に・・・。


とりあえず近くにあった道の駅みさきにて、少し遅いお昼ご飯。
マグロの漬けどんぶり

地元にも海があるので海鮮系はよく食べるほうなのですが、場所により個性があるのが面白いですね。


お昼をすましバイクに戻り出発しようとしていると、"どっから来たのかい?"
と声をかけてきたライダーさんと少し雑談。
なんでもツーリングがてら大阪から道の駅を目指して走ってきたそうです。
地元には道の駅がほとんどないためちょいとうらやましかったりもします。


大阪のライダーさんと別れ再び国道26号線を進み阪神高速湾岸線にのります。
そして目的地である・・・。

予定通り3時過ぎには大阪南港に到着!
ここから福岡県の門司までフェリーでの移動となります。
出向時間は5時ですが、初フェリーということもあり早めに手続きカウンターに向かいます。
思いのほか手続きもすんなりと終わり乗船まで時間あるし港でも見学をしてこようかなーと思っていたところ・・・。
"バイクの乗船が始まります"
とのアナウンスが!?
慌ててバイクに戻りフェリーに乗り込むことに。


船から海峡大橋が見えるとは・・・。
ネットで調べてみると瀬戸大橋のライトアップ時間には間に合いそうな感じです。
まずは、荷物を置きに寝室へ。
さすがに大部屋だと気を使い疲れそうなので2段ベットの下段を予約してみました。
バイクを持ち込みベッドで寝れて1万円を切る価格・・・。
高速道路を600km走るより安上がりですね。

予定通り5時に出港。

デッキでぶらぶら探索しているとさっそく最初の海峡大橋が現れます。
明石海峡大橋
一人旅を始めたきかっけは淡路島だっただけに感慨深いものがあります。

さすがに夕暮れ時だとライトアップはまだですね。
7時発の便にすればちょうどよかったのですけど、夕暮れ時の橋もまたいいですね・・・。
気が付けば日が落ちてー。
一日が終わります。

日も暮れるとおなかもすいてくるもので~。
少し早めの夜ご飯を食べるため食堂へ向かいます。
船での食事はブッフェ形式。
さすが大阪発のフェリーだけあってたこ焼きがとにかくおいしいという・・・。


旅慣れている人が多いのか日が落ちてからはデッキで旅人を見かけることはほとんどなく。

だいぶ風が出てきたこともあってか瀬戸大橋を通過する9時過ぎともなると誰もいない状態。
船上での写真は難しいですね・・・風にエンジンの振動と波に揺られ写真を撮ろうにぶれます。


いつもひたすらバイクで駆け巡っていることが多いだけに、何もしなくても目的地に着くことって便利ですね。
翌朝5時30分には門司港に到着して下船となるため早めに就寝っしなくては・・・とベットに戻ります。


がー・・・。
とにかく暑い・・・。
ベッドの間仕切りを降ろすと完全にサウナ状態となります。
それでも疲れとエンジンの鼓動が心地よく気が付いたら寝ていたのでした。