くもうたのブログ

ご訪問ありがとうございます!
休日などに出かけた際の旅日記メインとなります。
更新は不定期となりますが、よろしくお願いします。

4日目~火と水の町へ

一夜明けてー。
改めてバイクの状態を確認すると、パッと見では違和感がないのですが
1.シフトペダルのステップが根元から折れ
2.左側ミラー破損
3.クラッチレバーの先端が折れ
エンジンなどに異常がなさそうなのは不幸中の幸いでしょうかね。

何とか走れても走行中に足の置き場所がないのは不便なこと極まりなく・・・。
一歩間違えたら足を地面にひっかけ転倒!なんてこともありえます。
そんな状態であと3日しのぎ切るのは厳しそうなので、ダメもとでバイク屋さんにどうにかならないか相談をするべく駆け込んでみるとー。


なんと店長さんのご厚意で、同じ型式の中古展示車があるのでステップとミラーを外してつけ変えてもらえることに!
ネットでは、あまり評判の良くない全国チェーンのお店でしたが、うわさなどあてにならないものだなーと改めて実感したのでした!


そんなこんなで時刻は0時を回ったころー少し遅い本日の4日目の旅が始まります。


大野木場小学校

雲仙普賢岳の火砕流により全焼した小学校です。
教室内は当時のまま・・・時が止まったかのよう。


周りには網が張られており中に入ることはできませんが、隙間からのぞいてみると燃えることのないコンクリートの塊だけが残っています。

校庭内にはパネルが設置され、当時の災害の状況などが説明されております。

島原城

島原藩の藩主の居城であり、島原の乱の原因となったこのお城。
城門が7か所、平櫓が33か所もあったとあることからもかなり巨大な白であったことがうかがえます。
残念ながら明治時代に取り壊されてしまったため、今あるものは、コンクリート製の天守閣など一部のみです。


天守閣からは、普賢岳が一望できます。

山の麓を走る車すらはっきりとわかる距離です。
この距離で噴火すると・・・そう考えると怖いものがありますね・・・
また、島原市は各所に湧水がわいており町のあちらこちらに水路があります。



夏に来ると何やら涼し気な感じがしていいですね!


時間は2時ごろ・・・ちょっと遅いお昼タイム!
島原の郷土料理"具雑煮"です。

"具"の文字がつくだけあって具沢山~。
野菜にお肉がぎっしりと煮込まれておりボリューム満点です。


一息ついて再び散策を開始ー。
すると、"島原温泉の湯 飲み処"なる表記の看板が・・・。
どうやらこの温泉水は飲めるそうです。

普段飲むこともないですしからなーとひしゃくに注ぎ一気に飲み干す!

うん・・・生臭くて苦い・・・。
でも、なかなか癖になりそうな・・・味ですネ!


温泉飲み処を過ぎ進んでいくと、急に開けて大きな湖が現れます。

湖を一周していた時のこと
この何気ない湖畔の風景に罠が隠されており・・・。

なんとこの石段の先は道がない・・・と!
緑の芝生の様な箇所・・・ここには、一面の藻が茂っているのです。
危うく踏み込んでしまい、湖面にダイブする寸でのところで踏みとどまったのでした^^;


今でも毎日4万トンほどの湧水がわいているというこの白土湖。
ですが、生活排水の流入でもが大は節制しているそうで、おとーさんが船に乗りせわしなく除去作業をしていました@@;


さて島原を散策しているとあちらこちらに"かんざらしあり〼"なる看板があり色々と気になります。
そこで気になってお店に入ってみましたがこの"かんざらし"がまた美味しい!

冷えたはちみつなどの密の中に白玉団子が入っており疲れた体に染み渡るようです。
持ち帰り用でも販売されていたので、お土産に・・・と迷わず購入したのでした


気が付くと時刻は4時過ぎ・・・。
本日の目的である熊本に向かうべく移動を開始します。
めざすはー島原港!

ここから、フェリーに乗って対岸にある熊本港へと30分ほどの船旅です。

客室内にはテレビもあり快適な感じ。
何気なくニュース番組を見ていると・・・。
"桜島噴火"のテロップが@@;
これから鹿児島に向かうというのに、なんというタイミングの悪さでしょう・・・。

考え絵もしかたがないかーとあきらめ、しばし日が暮れ行く島原湾を眺めているうちに熊本港へと到着!


一路本日の寝床へと向かったのでした。
もちろん、現地の親戚に桜島の噴火状況を確認することを忘れずに・・・。