くもうたのブログ

ご訪問ありがとうございます!
休日などに出かけた際の旅日記メインとなります。
更新は不定期となりますが、よろしくお願いします。

2017年GW3日目(前編)~時には昔の話でも

よいよ旅行も3日目~


フェリーも予定通り5時半ごろ新門司港へ入港。


ただ車と歩行者の下船が優先とのことなので、実際に下船を始めたのは6時過ぎになってからとなるのでした。

天気は雲一つない快晴!


しばしーほかのライダーと一緒になり走ることになります。
目指すは九州自動車道の入り口!


・・・気が付くと他のライダーさんは誰もいない状態。
やはり、みなさん海岸線を走りに行ったのでしょうかね?


ナビに導かれるまま、九州道を進むと"サガンクロス橋"なる案内看板が!
きっと駄洒落なのでしょう・・・高速道路でなければ引き返したい衝動にも駆られますがひたすら西へ~南へ~走り九州最西端の県を目指します。


藤山神社
ナビ頼りで行ってみたのですが場所が非常にわかりずく・・・。
国道からの入り口に唐突に出てくる"藤名所藤山神社"の看板が出てくるまであっているものかと疑心暗鬼になったのでした。

ここは、九州にある藤の名所の一つ!
県外からも訪れる人が多いそうです。
紅白の藤もあるそうなのですが、そちらはすでに見ごろを過ぎておりましたが参道の藤はそれを補うほど美しく・・・。


のんびり鑑賞しようかーそう思うも九州最大の名所河内藤園にも訪れる予定だったため早々に次の目的地へと移動を開始します。



河内藤園は昨日の段階では三分咲・・・2日の朝一で行こうと思うのですが開花状況は間に合うかな?そう思いながら今進んできた国道を戻りハウステンボスの方へと進んでいきます。


さて、九州の気温は想像していた以上に高いようで。
昨晩の寝不足気味なのに加え冬物ジャケットを着ていることもありとにかく暑い。
信号待ちをしていると、アスファルトの照り返しに意識が飛びそうになる時があります。
こりゃコンビニで飲み物を買わないと厳しいかなー。


そう思いつつ青信号を変わるのを待っていると突然横付けしてくるバイクが一台。
「お~珍しいナンバーだね。どこに行くのかい?」
日焼けしたおとーさんが笑顔で訪ねてきます。
予想していない問いかけにとっさに次の目的地の名前が出てこずしばしの沈黙。
必死に巡らせ何とか出てきた言葉は・・・。
「何とかという戦時中に作られた防空壕を見に行きます!」
「ほう・・・防空壕?・・・」
何事かを考え込むおとーさんでしたが、気が付くとすでに信号は青く。
「あぁ・・・たぶん無窮洞のことか?珍しいね。がんばって!」
そう言い残し、先に走り去ったのでした。

無窮洞

ここは、戦時中小学生が動員されて掘られた防空壕です。
入り口にボランティアの方がおりその方に中を案内していただきながらの進むことになります。

当時防空壕を掘っていた方だったそうで、事細かに防空壕ができた経緯などをパネルで説明をして頂き聞き入っているとー。
どこからともなく自転車に乗ったおじさんが登場!
なんでも"無窮洞"の看板をみて何があるのか気になったので寄ってみたそうで、時間があるしということで一緒に参加することに。


再び始まる説明を聞きながら防空壕の中へと案内されていきます。


小学生が掘った・・・とはいっても高さは3m以上あるのではないかというほどに高く。
何段階にも分けてこの高さまで掘り続けたそうです。

当時電動工具なんて便利なものはなかったので、つるはしで掘りノミと金づちで表面を仕上げていく・・・。



本当は、もっと深くまで掘り進める計画だったそうですが、その前に終戦となったそうです。


この便所の看板の奥にも部屋があったそうなのですが、何年か前の大干ばつの際に防空壕を貯水槽として使うため塞いでしまったそうです。
そんな当時のお話を聞きながら、10分ほどをかけて一回り。
時には、ゆっくりと戦時中のお話を聞くのも大切ですね。


自転車のおじさんとも別れ、再び長崎道南へと走ります。
目指すは異国情緒あふれるあの街へ。